借金の取り立て

借金借金に苦しんでいるなかで考えるのはやはりどのようにして借金を返済していくかです。そして、借金の取り立てが頭を悩ませる理由になります。民事再生を選択するにあたって、弁護士の存在が大きくなる理由のひとつが依頼した時点で借金の取り立てが止まることです。弁護士に相談したときに、まず民事再生を選択できるかどうかを検討することになります。民事再生を選択するための条件を満たしているかどうかは弁護士に相談するのが最も確実であるのは間違いありません。さらには、収入の状況が分かるものや請求書や住宅ローンの詳細などが分かるものを持っていくのも大切です。

弁護士に従って必要書類を作成し、どういった形で借金を返済するかも決めるのも大きいです。3年間という期間で借金を完済するためのプランを決めるのは客観的な視点が必要になります。借金をどのように返済するかを自分で決めるのは難しいものがあります。

弁護士という冷静に判断できる人物がサポートしてくれるからこそ、借金取り立てがストップするとともに、適切な借金返済計画を立てることができます。自分ですべてを対応するのは難しくとも、弁護士の存在があってこそ順調な流れに沿って返済をしていけるからこそ、多くの方がまず弁護士に相談しています。

 

裁判所での手続き

裁判所民事再生を選択した場合、地方裁判所には債務者自身が出向く必要があります。ただ、時間都合上地方裁判所に出向くのが難しいという方もいるでしょう。こういったときに弁護士がいれば、裁判所での手続きをすべて任せることができるため、負担は大きく軽減されるものです。家族に内緒にしたうえで民事再生を選択する場合には、この地方裁判所に自ら出向くという行動そのものが借金がばれてしまう理由になるかもしれません。さまざまな点を考えると弁護士に依頼した方がよいのは明白です。

もちろん、弁護士に依頼する場合は弁護士費用がかかってしまうものの、自分ですべて対応しないといけないことを代行してくれるため、便利であるのは間違いありません。どの弁護士を選択しても同じであり、経済的に余裕のある返済計画が立てられるのもメリットになります。

民事再生を選択する以上、肝心となるのは3年間で返済していくための計画を立てることです。今までの生活を維持しながらどう返済していくかを考えることができるのが弁護士の強みといえます。弁護士に依頼するかどうかは別として、まずは相談をするのがひとつの方法です。大切なパートナーとなりえるのが弁護士となります。


借金と債務整理

債務整理一口に債務整理といっても、さまざまな種類があります。それぞれの種類にはメリットデメリットがあり、どの種類を選択すべきかについては借金状況や望む形を考えての選択をしないといけません。もちろん、その借金を返済していけるのであれば、債務整理をしないという方法もあります。自己破産を避けたい、あるいは自宅や車などの所有物を手放したくないと考えるのなら、民事再生を選択するのがよいでしょう。民事再生は所有物を手放すことがなく、借金を減額できる方法となります。今までの生活を変えることなく、再生計画ができるのが魅力的な債務整理の種類です。ただ、原則3年間での返済をすることになり、どれぐらい借金が減額できるかは借金額によって異なるものです。

「個人民事再生」とは、住宅等の財産を維持したまま(※1)、大幅に減額された借金を(減額の程度は、借金の額、保有している財産によって異なります)、原則として3年間で分割して返済していくという手続です。

また、継続して収入が見込めるかどうかが最低条件であり、ギャンブルや浪費が理由であっても選択することができます。数ある種類のなかから民事再生を選択するにあたっては、弁護士に相談するのが肝心となります。とはいっても、自分ですべての対応ができる方もいるなかで、なぜ弁護士に相談する必要があるのかと思う方もいるでしょう。弁護士の存在が重要になるのはどういった形で再生するか、あるいは借金取り立てをストップできることです。

ここでは民事再生を選択するにあたって、なぜ弁護士が必要であるのかを詳しく解説していきます。弁護士がいなくともすべてを対応することは可能であるものの、弁護士の存在が大きくなるのは間違いありません。特に全くの未経験で知識がない場合はその重要性は高まります。